ホーム > 入れ歯の種類

入れ歯の種類

入れ歯の種類

当院では、患者さまに合せてたくさんの選択肢をご用意しています。

入れ歯には、保険適用のものから、自費で作るコーヌスデンチャーやマグネットデンチャー、ノンクラスプデンチャーといった最新素材を用いたものまで、さまざまな種類があります。
特に、コーヌスデンチャーは、制作に高い技術を要するものですが、当院ではこういった種類の入れ歯も多数取り扱っております。
ご自身のライフスタイルに合わせて、幅広い選択肢の中からお選びください。入れ歯選びでご不明な点がある場合は、お気軽にご相談ください。

痛みのないコンフォートデンチャー

痛みのないコンフォートデンチャー
入れ歯の裏面を弾性のある生体シリコンで覆ったものです。ソフトな感触で、痛みの少ない入れ歯です。
生体シリコンは吸着性にすぐれており、噛みしめた時の衝撃を吸収して、歯ぐきへの負担を和らげる性質があります。また、生体シリコンは歯ぐきにぴったりと吸い付きやすいので、痛みやガタツキ、浮いた感じがかなり軽減されます。従来の入れ歯の装着感にご不満がある方、痛みに悩んでいる方には特におすすめです。
コンフォートデンチャーの特徴
シリコンが噛み締めたときの力を吸収

入れ歯の裏面をソフトな生体シリコンで覆うことにより、歯ぐきにかかる力を吸収し、噛みしめた時の歯ぐきの痛みを低減させます。また、従来の入れ歯に比べてよく噛めるようになります。

歯ぐきを守る

保険適用の一般的な入れ歯はプラスチック素材でつくられており、硬さが気になる場合があります。入れ歯と歯ぐきが接触することによって、痛みや腫れなどを引き起こす場合もあります。

外れにくい

生体シリコンは弾力性があり、歯ぐきに吸着しやすくなります。このため、ものを食べる時に顎が横に動いてもズレたり外れたりすることが少なくなります。入れ歯の素材が歯ぐきにきれいにフィットするため、入れ歯と歯ぐきの間の部分に汚れや食べ物のカスがつまることがなくなります。

しっかり噛めるコーヌスデンチャー

コーヌスデンチャーとは、抜けてしまった歯の隣に残っている歯に金属冠を被せて、これを土台に入れ歯を被せて装着する入れ歯です。入れ歯と土台がぴったり重なって、しっかりと装着できるので安定性が高く、自然の歯に近い噛み心地が得られます。また、汚れを洗うのが楽で耐久性もあり、バネを使っていないので見た目も目立たないといったメリットがあります。
金属バネを必要としないので、見た目を損なうこともありません。ただし、このコーヌスデンチャーは、取り扱いに非常に高い技術力を必要とするため、扱っている歯科医院は限られています。

やわらかい樹脂素材が歯ぐきにフィットするノンクラスプデンチャー

バネが目立たず、フィットするノンクラスプデンチャー
従来の入れ歯の金属金具の代わりに歯ぐきの色に近い樹脂で固定させたものです。
軽くて柔らかい樹脂素材は歯ぐきにぴったりフィットするため、装着感にも違和感が少なくなります。落としても破損したり割れたりすることがありません。樹脂は歯ぐきに近い色で見た目も自然で、違和感も少ないので、見た目を気にする方におすすめします。

違和感のない金属床義歯

金属床の入れ歯は、従来の厚みより薄くすることができるため、装着時の違和感が少なくなります。より噛めるようになるだけでなく、熱を伝えやすいので、装着しないときと同じように、熱い、冷たいという感覚がわかるので、おいしく食事を楽しんでいただけます。
さらに咬合面(噛む面)が金属であるため、磨り減ることもありません。

金属床には、いくつかの種類の金属があり、それぞれに特徴があります。
コバルトクローム合金

そもそもの始まりは、航空機の開発など、軍用として開発された素材です。強度と柔軟性を併せ持ち、さびにくく生体への親和性が高いという特徴があります。
チタンに比べて生体親和性は若干劣りますが、自費診療の入れ歯の材料として最も一般的に使われている金属です。装着した際の違和感が少なく、しなやかな強度があるため、入れ歯のバネの部分にも利用されます。

純チタン

これまで、純チタンは酸素との激しい反応により鋳造が困難とされていましたが、近年鋳造法が確立され、安定した物性を持つ純チタン床が利用可能となりました。
純チタン最大の特徴は生体親和性の高さです。合金化しないことで最高の生体親和性を持ち、軽さと強さを併せ持っています。
厚みが出てしまうため、使用する部分によっては適用が難しいケースもあります。

金合金

加工性の高さ、生体親和性の良さなどのメリットがあります。
そのほか、適正な弾力をクラスプに与えることができるという特徴もあります。
金色の仕上がりで、口の中で比較的目立ちにくく、修理や増歯・改床(歯の欠損による入れ歯の追加加工)にも柔軟に対応できます。一方で、金合金は貴金属であり、高額であることがデメリットといえます。

グリーン歯科 川口入れ歯専門センター 電話番号:048-285-4118
アクセス


〒123-0843
東京都足立区西新井栄町2-2-3 牧野ビル3F

詳しくはこちら