ホーム > 入れ歯が合わない理由

入れ歯が合わない理由

入れ歯が合わない理由

入れ歯が合わない理由について

入れ歯が合わない理由について
入れ歯が合わない、装着していると違和感があるといった患者様は非常に多いのが現状です。
当院にいらっしゃった患者様の中にも、噛み心地に満足できなかったり、歯ぐきに当たって痛みがあるという方はたくさんいらっしゃいます。「入れ歯というものはこういうものだ」とあきらめてしまっている方も多いようです。

では、せっかく作った入れ歯が合わないケースが多いのはなぜなのでしょうか。
入れ歯とは、歯の代わりに口の中に装着する「異物」です。歯は体の一部なので噛みながら磨り減ったり、噛み癖を変えたりと自然に形が少しずつ変わっていきます。一方で、入れ歯は「異物」であるためにこのような作用はなく、粘膜を圧迫したり、痛みを与えたりといったことが続いてしまうのです。
入れ歯を快適に装着するには、この「異物」をいかに自分の体の一部として使うかにかかっているのです。
最初に必要なのは、歯ぐきという粘膜の変化を把握した細かい調整です。こまめに調整を行うことで、痛みや違和感は少しずつ解消されて、装着が楽になっていきます。
粘膜自体も変化していくので、一度調整すれば終わりというわけではなく、少しずつこまめに自分の体と入れ歯を合わせていくことが必要です。

入れ歯と顎関節症について

入れ歯と顎関節症について

顎関節症は、口をあけて笑ったとき、硬い物を噛んだときなどに痛みを感じるという顎関節の機能障害です。
もともと顎の小さい人、体のゆがみがある人などが顎関節症になることが多いのですが、入れ歯を使い始めて顎関節症になるケースも少なくありません。
入れ歯によって噛み合せが悪くなった結果、顎関節症になってしまうケースがほとんどです。顎関節症を放っておくと、他の健康な歯にも悪影響があるので、要注意です。
入れ歯が合わないと感じている方は、ぜひ早めに調整を行ってください。

グリーン歯科 川口入れ歯専門センター 電話番号:048-285-4118
アクセス


〒123-0843
東京都足立区西新井栄町2-2-3 牧野ビル3F

詳しくはこちら