ホーム > 入れ歯治療の流れ

入れ歯治療の流れ

入れ歯治療の流れ

入れ歯治療の流れをご説明します。

検査とカウンセリング

精密検査を行い、口腔内の状態を正確に把握します。
丁寧なカウンセリングを行って患者さまのお悩みやご要望を伺い、必要な治療をご説明させていただきます。
現在使用している入れ歯がある場合は、入れ歯の状態を確認して、違和感や不便な点がないかをお伺いします。
入れ歯についてのカウンセリングには歯科技工士が同席する場合もあります。
不安な点、疑問点などは遠慮なくご質問ください。

治療計画のご説明とお見積もり
2.治療計画のご説明とお見積もり

検査とカウンセリングで状況を把握した上で、治療計画を立てていきます。
通常入れ歯には素材や形態などさまざまな選択肢がありますが、すべてメリット・デメリットをご説明します。料金のこと、メンテナンスのことなど、気になる点があれば丁寧にお伺いしますので一緒に治療法を決めていきましょう。
治療法が決まったら、治療費のお見積もりをお出しします。

矢印
治療用入れ歯の制作、虫歯や歯周病の治療

虫歯や歯周病がある場合、治療してから健全な口内環境で入れ歯を制作していくことがベストです。必要に応じて、虫歯治療、歯周病治療、ブラッシング指導なども行います。
まずは治療用の仮の入れ歯を制作し、入れ歯と歯の状態、噛み合わせの不具合などをチェックし、必要箇所を改善していきます。

型採り

歯科用のシリコンで患者さまの歯型を採取し、口腔内の模型を制作。その模型をもとに入れ歯を作っていきます。1本1本の歯の向きや状態、アゴの形などがわかるような型枠を制作することで、よりフィットした入れ歯を作ることが可能になります。

矢印
顎と関節の位置を決定

患者さまの口に合った入れ歯を制作するために、顎と関節の正しい位置を決めていきます。顎関節がズレている方は、ここで正しい位置を決めることが重要です。このとき、入れ歯は模型で正確に再現します。

矢印
上顎と下顎の位置を決める

次に上顎と下顎の正しい位置を決めていきます。
噛み合わせを確認し、顎のズレを修正していきます。

矢印
人工歯の配列と試適

入れ歯を作るにあたり、患者さまの口に合った大きさや形、色の人工歯を選定していきます。そして、選定した人工歯を並べてみて、噛み合わせなどの検査を行います。

矢印
入れ歯の完成・微調整・最終的な完成
8.入れ歯の完成・微調整・最終的な完成

入れ歯が完成しても、まだ終わりではありません。実際に使用してできるだけ違和感なくフィットするように調整をすることが必要です。
微調整が終われば、入れ歯の使い方やお手入れ方法をご説明し、患者さまのもとに入れ歯をお渡しいたします。

入れ歯使用開始にあたっての注意点

完成初日
入れ歯で歯ぐきが傷つくことがないよう、調整を行います。
翌日~3日後
翌日~3日後
入れたばかりの入れ歯は、慣れるまで違和感があるかもしれません。
はじめは、あまり強く噛む必要のないやわらかいものから食べるようにするとよいでしょう。いきなり硬いものを食べると歯ぐきが傷ついたり、痛みが生じたりする可能性があります。
また、この時期には入れ歯が歯ぐきに馴染んで隙間ができやすいので、こまめに調整を行います。
1週間後~2週間後
一般的に、入れ歯に慣れるに従って、それまで衰えていた噛む力が戻ってきます。
この段階でも、隙間が出来ると歯ぐきや粘膜に負担をかけて、傷がついたり痛みが出たりすることがありますので、さらなる微調整が必要になります。
約1ヶ月後
個人差はありますが、1ヶ月たつ頃には入れ歯が定着し、隙間がなくなって自分の歯と入れ歯がフィットしていきます。
2ヶ月目以降
数ヶ月に一度は、定期的なメンテナンスを受けることをおすすめします。
顎の骨や粘膜、噛み合わせのチェックを受けて、必要であれば調整を行います。
グリーン歯科 川口入れ歯専門センター 電話番号:048-285-4118
アクセス


〒123-0843
東京都足立区西新井栄町2-2-3 牧野ビル3F

詳しくはこちら