入れ歯の治療費について 入れ歯の種類について
入れ歯治療の流れについて

入れ歯でお悩みの方へ

入れ歯を使用している方の中には、
「食べ物がおいしく感じられない」
「見た目が気になる」
「つけていると歯ぐきが痛む」などのお悩みをかかえた方がたくさんいらっしゃいます。
「入れ歯を使用している以上しかたがない」とあきらめている方も多いようです。
「どこに相談すればよいのかわからない」
「がまんしなさいといわれるのではないか」などとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

入れ歯の悩みは専門家へご相談を。
川口入れ歯センターが選ばれるのには訳があります。


毎日の食事をおいしくとること、歯の悩みを気にせずにおしゃべりを楽しむこと、痛さや違和感のない快適な毎日を送ること-
入れ歯をいれたからといって、これらのことをあきらめる必要はありません。
一人で悩まず、どうぞお気軽にご相談ください
詳しくはこちら

当院の入れ歯が選ばれる理由

痛くない!しっかり噛める!長持ちする丈夫な入れ歯をつくります
痛くない・しっかり噛める入れ歯を作る
入れ歯の作成に重要になる点はいくつかあります。
まずはしっかり噛めること、そして、他の歯や周りの歯ぐきに圧迫感や負担を与えないことがポイントになります。
噛み合せが悪かったり、装着感が悪かったりすると、歯全体のバランスが崩れて、健康な歯にも負担がかかってしまいます。
「よい入れ歯」の条件は、患者さん一人ひとりのお口にぴったりと合っているかということなのです。

当院では、「よい入れ歯」をつくるために、まず、患者さまとのコミュニケーションを大切にしています。普段のお食事、生活習慣などをお伺いして、より患者さんにあった入れ歯をつくれるように努めます。さらに、正確な設計、素材の選択、長く使える強度など、あらゆる観点から、患者さんにあったオーダーメイドの入れ歯づくりを心がけます。

入れ歯を長く快適に使っていただくために

当院では、入れ歯は外注に出さず、常駐の歯科技工士が院内の技工室で制作します。
歯科医と歯科技工士の連携重視し、よりよい入れ歯づくりを目指しています。
正確に歯を削ります(部分入れ歯)
部分入れ歯は、残っている健康な歯に固定します。部分入れ歯を作るには、この両脇の歯を削って、調整をかけます。歯の削り方が足りなければ、部分入れ歯のバネの厚みが足りなくなりますし、削りすぎると歯の強度が損なわれます。ミリ単位以下の正確性をもってバランスよく過不足なく削り取ることで、入れ歯の装着感は変わってきます。
固定に使う歯の処置
通常は、歯の表面を削るだけですが、削る量が多くなるときは神経を抜くことがあります。(抜髄処置)。抜髄処置をした歯に被せ物をして、しっかりと強度を持たせてから入れ歯を装着できるようにします。
神経を抜くことに抵抗がある方もいらっしゃいますが、入れ歯を支える歯が安定していないと、歯全体に過度な負担がかかってしまうのです。
この処置について、不安な点がある患者様は、治療前にご遠慮なくご質問ください。
噛み合せを調整する
全体的な歯並びが不ぞろいな場合、入れ歯を作る前に、歯の位置のバランスを整えます。
歯と歯の間に余計な隙間があったり、噛み合せが悪いと、入れ歯を装着してもうまく噛めなくなってしまいます。入れ歯を装着した部分だけでなく、歯全体の噛み合せを整えることを重視します。

保険適用・自費診療どちらも丁寧に制作します

保険適用の入れ歯でも、丁寧に精密に製作
現在、入れ歯にはさまざまな素材が使われていますが、費用等の面から、保険適用の入れ歯をご希望される方も多くいらっしゃいます。保険の範囲内では、使える素材が限られますが、その中で最大限によいものをつくれるよう、丁寧に制作してまいります。
「見た目を重視したい」「装着感を優先させたい」など、患者さんのご希望にはできる限りお応えできるようにしております。
グリーン歯科 川口入れ歯専門センター 電話番号:048-285-4118
アクセス


〒333-0834 埼玉県川口市根岸3180 イオンモール川口グリーンシティ内2F

詳しくはこちら